以前ナンパした子から3日着用のシミパンをゲット!

「昨日から3日間、同じパンツ履いてるよ。久しぶりに会いたい…」
とラインをくれたのは、コロナ前に居酒屋でナンパしたIちゃん。
DSC03536.jpg
コロナ後に会うのは今回がはじめて。


下着 パンジミ シミパン 
カメラのシャッター音に興奮してきたのか、パンティーの奥まで手を突っ込み、アソコを
いじくり始める



下着 パンジミ シミパン 
オナニーは次第に激しくなっていき、本気で感じてるの?と思わせるほど腰をヒクつかせる
場面も。


下着 パンジミ シミパン 
「絶対、もうグチョグチョでしょ? パンティーにシミこすりつけて」とおねだり。


下着 パンジミ シミパン 
帰り際、危うくパンティーもらうの忘れそうになったので、玄関前で脱いでもらう。

下着 パンジミ シミパン 
脱ぎたてほかほかのシミパンGET!



スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

ニコル軍曹

80年代のエロ本に郷愁を感じる40代後半。
高校中退後、風俗のキャッチやスカウトなどを経験。

25才の時に女と遊ぶ自由な時間と金が稼ぎたいと様々なビジネスを展開。
なかでもキャッチ時代にお世話になった雑居ビルのオーナーに教わった
不動産ビジネスで年収1千万を超える。

以後、自分自身が楽しめために女性との出会える場をコンセプトに、
ショットバーやラブホなどの様々なビジネス事業を展開。

最近は、金目当てで近づいてくる女もいるが、やはり素人とのSEXが一番、興奮するわけで、女に不自由しない今もあえて、街角で美女とのナンパを楽しむ。

元々、街頭で風俗のスカウトをしていた経験があり、断れることに慣れているので、今も街で女の子に声をかけるのには何の抵抗感もない。ナンパでの失敗にもいちいちヘコまない。

最近では、ナンパでゲットしたパンティーや売り子から買った下着などの
ネット販売も行う。

座右の銘は「生涯現役。一生勃起」